おらほのおじぃま達はガードレールで焼肉したらしい~「すずり鉄板」誕生物語

ある飲み会の席で「おらほのおじぃま達ぁガードレールで焼肉してたって。」という話が出たのをきっかけに、高森のキャンプ仲間の間で焼肉鉄板づくりが始まりました。

ガードレールを外して試すわけにはいかないので、ガードレールを模した鉄板を試作しました。その名も「ガードレール」。旨い肉を焼いたときに出る脂の処理がガードレール型のメリットだろうと予想していたのですが、肉がスロープを滑り落ちちゃってなかなかうまく焼けません。スロープの勾配もいろいろと試しましたがどれも今一つでした。ただ、厚めの縞模様の鉄板を使ったところ、縞模様の焼き目が付いて面白かったのと、焦げにくく、肉が上手に焼けることが分かりました。

そんなおり、肉から流れた脂を捨てずに1枚の鉄板上で焼肉だけではなくアヒージョも一緒につくれないかと目論んだ、ずくのない仲間がタイヨーテックに発注したのがすずり型鉄板でした。夜にイメージを送ったら翌朝には完成品が届くというアマゾンもびっくりのスピード。

ところが、キャンプで焚火を使った焼肉をすると、肉は焼けるけど油の温度調整が難しくてアヒージョではなく天ぷらが揚がるほどの高温になって油が飛び散りました。「ないな、こりゃ。」ということでしばらくはアヒージョを諦めてただの焼肉鉄板として使っていました。

今ではカセットコンロを使うことで火加減の調整が簡単になったので、焼きを入れた具材をオリーブオイルに投入するアヒージョ使いもできるようになりました。

さらには、焼き目を入れてから”沼”の出し割に投入するという手順が楽しいすき焼きならぬ「焼きすき」も登場。新しい使い方が続々開発されています。

仕事も遊びも一生懸命!な高森町から生まれたすずり鉄板をどうぞよろしく。

関連記事

ピックアップ記事

  1. https://youtu.be/jZgI5PKfR0M?si=cTyceGd4Pt8WZTKE…
  2. 毎週登山の麦峰チャンネル 長野に暮らす醍醐味 高森町民吉川さんのYouTube…
  3. 亀じぃ2号店 KAME HOUSE(かめはうす) 幸喜笑亀麺飯酒上県道…
  4. ベンチプレス150kgの健康運動指導士 渡邉雄太(わたなべゆうた)さん …
  5. そんなスペースあったっけ? 禁断の4ステージで2日間開催 2024年3…
  6. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  7. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る