『ヤキフェス』のすごさ~地元で働く”普通”の人たちが困難を乗り越えてぶち上げるフェス。そこに生まれるヤキフェスだけの味わい。

7月16,17日に野底山森林公園で開催される『焼來肉ロックフェス』、通称ヤキフェスのエリアマップが公開されています。

コロナへの配慮も前向き

コロナを理由に中止を余儀なくされた去年の無念。
「今年はなんでかんで実施する!」
「そのために集客を減らす!」
「でもイベント全体の集客人数は減らしたくない!」
「どうする!?」
「・・・2日間やっちゃえば?」
「え゛~・・・いいね!」
これまで3つのステージがあったものを2つにして1日当たりの集客を減らす、その代わり2日間の開催にしてイベントを通しての集客は減らさない、え~関係各位ハードル上がってますけど大丈夫?

フェスだけじゃ食ってけんじゃん

例えば東京、人口が多いからイベントも多い。「プロ」が成立する場所。百戦錬磨のプロたちが集まって、盛大なイベントも難なく成立させてしまう。かわって飯田、イベントに関る「プロ」は成立しづらい。ヤキフェス実行委員はごく一部のプロを除いてほぼ素人。ノウハウも時間もない、毎日他の仕事をしている普通の人たち。ただ「音楽が好き」、ただ「地元が好き」その熱量だけで8年間このイベントを支えてきた。むしろ”熱い”イベント。「素人だからここまでで許してもらおう」そんな考えはない。目指す高みへ全力で向かう。ときにはケンカもする。離れていった仲間もいる。新たに加わる仲間もいる。叩かれることもある。遂げたいのはリニア開通に向けて”本物のイベント”としてヤキフェスを育て上げること。

何回目でも前回と”同じ”はない

第2回目が第1回目と同じではない、生まれ変わりながら常に挑戦を続ける。そこにヤキフェス独特の個性が生まれる。あたたかさが生まれる。その個性が、南信州を代表するお祭りとして形になりつつある。

そんなイベントまで、あと19日。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2月定例会をひっそりと開催 「みらいの高森をつくる会」の2月定例会みらいの高森をつくる会の2…
  2. 出場申込締め切りは2月27日(火) 2024.3.2(SUT)10:30-1…
  3. X(旧twitter)のアカウント「高森町消防団の日常」から、最近の活動をご紹介します。ちなみに、…
  4. 高森人図鑑に32人目が登場 高森町民の多様性を感じるサイト『高森人図鑑』32人目に登場したの…
  5. 野の花亭と言えば五平餅 上段道、またの名をハーモニックロードを、湯が洞から北へ車で3分、セン…
  6. 8-0でフィンランドに完勝 10月11日に行われたパラアイスホッケー世界選手権B-p…
  7. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  8. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る