「百舌鳥」と書いて「モズ」季節によって若干色が違うけど「はやにえ」で有名な同じモズ

2024.6.15撮影

スズメ目モズ科モズ属 留鳥

百舌鳥(モズ)


ほかの鳥の鳴き真似が上手なので百舌鳥
見かけるとすれば畑の杭の上とか電線とか。せわしく動かないで尾羽だけゆっくり動いているようならモズかもしれません。留鳥なので1年中おりますが、色に季節変化がありまして、秋冬はオレンジ色っぽくて、今の季節はグレー寄り。撮った写真を見てみると確かに、イメージより灰色みが強い。

『高森町の動植物』168ページ
畑に植えられた柿やリンゴなどの木の下枝に止まり、下を見ながら尾羽を回すように動かしている姿をよく見かけます。地表に小さな動物を見つけると、素早く飛び降りて捕まえ、また枝に戻ります。スズメと同じくらいの体格なのに、カエルやバッタを襲うことができるのは、くちばしの先が下に曲がり鋭くなっているからです。秋から冬にかけて、捕まえた虫を枝の先などに刺しておく「はやにえ」はこの鳥の仕業です。巣を灌木の枝の中に作って、子育てを行います。
この鳥の中には、春先に高原へ上って繁殖を行い、秋には里に下りて生活する個体がいます。ところが、モズは一年中縄張り意識が強いので、山から下りてきた個体が里の個体の棲み場所に入ると、激しい争いが始まります。お互いが木のてっぺんで「チキチキチキ」と大声で鳴きあう光景は「モズの高鳴き」と呼ばれ秋の特徴的な行動です。雄はその時期になると、違う種類の鳥の鳴き声を真似ることがありますが、その理由はよく分かっていません。この鳥を漢字で「百舌鳥」と書くのはそのためです。

2024.6.16撮影

同じスズメ目の野鳥の中で、スズメやその他に比べて目が大きいです。
モズは他の小型の鳥や昆虫、小動物を捕食する肉食性の鳥です。これに対して、スズメやシジュウカラは主に種子や果実、昆虫を食べる雑食性。モズは獲物を見つけて捕らえるために鋭い視覚を必要とし、そのために大きな目が進化したと考えられます。スズメやシジュウカラは地面や植物の中から食べ物を探すため、それほど鋭い視覚は必要としません。

2024.6.15撮影

モズの早贄と農民の知恵

昔、農民たちは田畑を耕しながらモズの動向を注意深く観察していました。モズが秋から冬にかけて「早贄」として昆虫や小動物を木の枝や棘に刺して保存する行動は、季節の変わり目を示すものとしても知られていました。
ある年、ある村で特に寒い冬が予測されていました。農民たちはモズの早贄の数が例年よりも多いことに気づきました。この異常な行動から、農民たちは「モズが多くの食料を備蓄しているのは、非常に厳しい冬が来る前兆だ」と考え、早めに収穫を終え、冬の準備を徹底することにしました。
結果として、その年の冬は非常に厳しいものでしたが、農民たちはモズの行動を観察したおかげで十分な備えができ、村全体が困難を乗り越えることができました。このエピソードは、自然との調和と観察が人々の生活においてどれほど重要であるかを教えてくれるものです。

2024.7.14撮影

自然の木の枝より、畑の中に立っている杭とか電線とかの人工物にとまって鳴いているところを見つけることが多いです。

2024.7.15撮影

南天とモズ雌。チキチキチキって鳴くのが「ここにいますよ。」的で見つけやすい。

関連記事

ピックアップ記事

  1. クロワッサン食べながら”居場所”みつけた感 『春風』が再開 長かった…
  2. アグリ交流センター巨大ハウス スケートボードパークが登場 2024年7…
  3. パンと焼き菓子のカフェ『春風』 リニューアルオープン 2024年7月1…
  4. 2024.6.15撮影 スズメ目モズ科モズ属 留鳥 百舌鳥(モズ) …
  5. 2024.6.13撮影 ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属 カワセミ …
  6. 高森人図鑑 瑠璃寺獅子舞関係3件 大洞さん、青山さん、獅子舞のシリーズもの高森…
  7. 毎週登山の麦峰チャンネル 長野に暮らす醍醐味 高森町民吉川さんのYouTube…
  8. 亀じぃ2号店 KAME HOUSE(かめはうす) 幸喜笑亀麺飯酒上県道…
  9. そんなスペースあったっけ? 禁断の4ステージで2日間開催 2024年3…
  10. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る