\締切りは1月19日/幸福度ランキング6年連続1位のフィンランドに学ぶ『ウェルビーイング』~生活の質や満足度で人々が幸福な状態になる状態はどうやってつくるのか

2024年1月27日に長野県在住の方を対象にしたセミナーが開催されます。
 幸福度ランキング6年連続1位、SDG’s達成度3年連続1位のフィンランドは、人が一番の資源として性別や年齢に関係なく能力を発揮できる社会をつくってきました。
 また同国は、今や30代女性が正解で活躍することは珍しくなく、父親の育休取得率は8割。コロナ前から柔軟な働き方改革やDX、リスキリングを積極的に取り入れ、効率やウェルビーイングを追求し、少子高齢化や人材不足の解消に対応しようとしています。

聴講方法は2種類(〆切1月19日)

パブリックビューイング
 高森町では福祉センター2階大ホールに大型のスクリーンで参加者が聴講できる会場を設ける予定です。無料の託児所もあるので子育て中の方も安心して参加することができます。会場が設けられるのは他に池田町と立科町の2か所だけ。

オンライン(Zoom使用)
 ちょっと出かけるのは難しいなという方はご自宅からZoomでオンライン聴講も可能です。こちらは長野県内で80名が定員となっているそうです。

福祉センターなら電話で申込可

申込は基本「ながの電子申請サービス」を利用しますが、福祉センターで聴講する場合は0266-22-5781で電話による申し込みが可能です。

オンライン(zoom)をご希望の方はこちらから

ウェルビーイングとは・・・

Well-being(ウェルビーイング)は、Well(よい)とBeing(状態)を組み合せた言葉で、「よく在る」「よく居る」状態、心身ともに満たされた状態を表す概念です。
ウェルビーイングは「幸福」とも訳せますが、Happiness(ハピネス)とはニュアンスが異なります。 違いは、ハピネスは「瞬間的」に幸せな心理状態、ウェルビーイングは「持続的」というニュアンスが含まれる点です。 経営や人事領域では、従業員が心身ともに健康であり続けることが、組織に良い影響を与えると考えられています。

ご不明な点は役場総務課企画振興係まで

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2月定例会をひっそりと開催 「みらいの高森をつくる会」の2月定例会みらいの高森をつくる会の2…
  2. 出場申込締め切りは2月27日(火) 2024.3.2(SUT)10:30-1…
  3. X(旧twitter)のアカウント「高森町消防団の日常」から、最近の活動をご紹介します。ちなみに、…
  4. 高森人図鑑に32人目が登場 高森町民の多様性を感じるサイト『高森人図鑑』32人目に登場したの…
  5. 野の花亭と言えば五平餅 上段道、またの名をハーモニックロードを、湯が洞から北へ車で3分、セン…
  6. 8-0でフィンランドに完勝 10月11日に行われたパラアイスホッケー世界選手権B-p…
  7. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  8. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る