コロナ前の規模復活で100回目~8月18日は市田灯ろう流し大煙火大会~高森町観光協会と町民みんなで盛り上げるんな

100回目は高森町観光協会仕切り

夜店が建ち並び、2千発とも言われる花火が打ちあがる、そんなお祭り感・・・と、夏休みの終わりを告げる切なさを併せ持つ『市田灯篭流し大煙火大会』が8月18日に開催されます。大煙火大会は2023年の今回で100回目を迎えるそうですよ。飯田線開通の頃からなんすね。

これまでは出砂原自治会が主体となって運営されていましたが、今回は5月に発足した、観光=感動(ヒト・コト・モノ)だと捉えた上で、新たな観光業ではない、地場の産業や資源を組み合わせて活かす「感動産業」づくりと、そのコーディネート役を目指す『高森町観光協会』が主体となります。

安協の皆さんありがとうございます

コロナ前と同規模で行われるということは、もちろん歩行者天国も復活、車両の交通規制も復活となります。交通規制係を担うのは各地区から選出されている安協のみなさん。花火に背を向け車両を誘導します。頼むで無理やり規制区間に入ろうとして安協の皆さんに迷惑をかけないで下さいね。

灯篭流しは80年の歴史

灯篭流しの歴史はけっこう古くて80年以上続いているそうです。天竜川の水害で犠牲になった方々を供養することで始まり、現在では、新盆を迎えた家々から集められたり地元の中学生が作った数百もの灯篭を天竜川に流します。
この灯篭流しは観光協会ではなく出砂原自治会が担当します。

夜店は夕方6時頃から

夜店は夕方6時頃から開店予定、花火の打ち上げは7時15分頃からです。
100回目となる大煙火大会、みんなんちでテルテル坊主作っときましょう。

フォトコンテストで商品券ゲット!

フォトコンテストも併催します。最優秀賞は柿丸君活気アップ商品券10,000円分、優秀賞に5,000円分、佳作賞には3,000円分がありますよ。参加方法は役場ホームページで確認してください。

ちなみに、めっちゃガチな写真で競われます。前回の入賞作品を参考までに。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2月定例会をひっそりと開催 「みらいの高森をつくる会」の2月定例会みらいの高森をつくる会の2…
  2. 出場申込締め切りは2月27日(火) 2024.3.2(SUT)10:30-1…
  3. X(旧twitter)のアカウント「高森町消防団の日常」から、最近の活動をご紹介します。ちなみに、…
  4. 高森人図鑑に32人目が登場 高森町民の多様性を感じるサイト『高森人図鑑』32人目に登場したの…
  5. 野の花亭と言えば五平餅 上段道、またの名をハーモニックロードを、湯が洞から北へ車で3分、セン…
  6. 8-0でフィンランドに完勝 10月11日に行われたパラアイスホッケー世界選手権B-p…
  7. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  8. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る