キャンドルナイト2024開催決定!~それと、あれと、これも・・・TAKARTはやることいっぱい

2月7日、”新しい高森の姿を目指して”活動を続けるTAKARTの会議が行われました。

キャンドルナイト2024開催決定!

この日、メインの議題は「キャンドルナイト2024」。町の主催と思われがちなこの企画、実はTAKARTが企業の協賛を募って企画、後援が高森町なんです。そのキャンドルナイト、今年の開催は4月6日となりました。とは言え、今年も去年同様(去年は4月7日予定だったキャンドルナイトを、桜が咲いてしまった都合で1週間前倒しで実施しました。)桜の様子を見て最終調整が入る可能性があります。

キャンドルの準備、一緒にやりましょ

南小学校の日本一の学校桜を照らすためには、大量のキャンドルが必要になります。これを準備するのは、楽しいけれどなかなか大変な作業。ただ見に行くだけじゃなくて、キャンドルの準備から一緒にやってみませんか?
3月23日にキャンドルの用意をするそうなので、詳細は追ってこのサイトでお伝えしていきます。

続・山査子プロジェクト

TAKARTがBotanic薬草Lab.とコラボして取り組み続けている山査子プロジェクト、心強いサポーターの登場により、今年新たに60本超の苗が手に入ることになりました。さらに、栽培面でも参加したいと名乗りを上げるチームが登場したことで、山査子プロジェクトは今年も賑やかくなりそうです。

この日の差し入れは山査子のタンフールー。山査子を飴でコーティングしたものです。お祭りとか何かで販売しやすい飴の固さや味を日夜研究しています。

サイトの管理ってむずい

キャンドルナイト、山査子プロジェクトに続き、この日話題に上ったのはTAKARTのホームページ
町内のありとあらゆる情報を網羅したポータルサイトとして昨年開設されたTAKARTのホームページについて、情報更新の頻度、取り扱う情報の範囲など、今後の方針が話し合われました。
冊子の復活を期待するファンの声もある中で、TAKARTとして情報発信のあり方を考えさせられる話し合いになりました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2月定例会をひっそりと開催 「みらいの高森をつくる会」の2月定例会みらいの高森をつくる会の2…
  2. 出場申込締め切りは2月27日(火) 2024.3.2(SUT)10:30-1…
  3. X(旧twitter)のアカウント「高森町消防団の日常」から、最近の活動をご紹介します。ちなみに、…
  4. 高森人図鑑に32人目が登場 高森町民の多様性を感じるサイト『高森人図鑑』32人目に登場したの…
  5. 野の花亭と言えば五平餅 上段道、またの名をハーモニックロードを、湯が洞から北へ車で3分、セン…
  6. 8-0でフィンランドに完勝 10月11日に行われたパラアイスホッケー世界選手権B-p…
  7. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  8. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る