21年間吉田城址を護り抜いてきた吉田『城址愛護会』が今年も桜まつりの開催を決定!

城址愛護会が柳で新年会

吉田地区の『城址愛護会』の皆さんが1月20日に国道沿いのドライブイン柳で新年会を開きました。

城址愛護会は平成14年に結成、竹藪に覆われた2640m2にもなる吉田城址を切り開き、21年にわたってそれを維持する活動を続けてきました。吉田古城は戦国時代に吉田地区に築かれた古城、本城、南城からなる史跡です。

城址愛護会は超高齢化が大きな課題ですが、それでも活動を継続してきました。

城址愛護会のもう一つの大きな功績が新品種『高森古城桜』の認定です。古城西方の土塁上にあって、竹藪に埋もれていた桜を10年以上もかけて認定までこぎつけました。
花は一重咲き(5枚)で花弁の重なりが厚い、ボリューム感がある桜です。色は淡い紫紅色で、花の大きさが5㎝~6㎝と大輪です。

『高森古城』の新種認定を経て昨年初めて開催された桜まつりを、今年も4月6日に開催することが話し合われました。

この日に合わせて会長の宮島さんが準備していた川桜と敬翁桜に見守られながら古城についての話が続きました。

広く町内から会員募集中!!

高齢化が進む城址愛護会なので、一緒に吉田古城を護る活動をしてくれる仲間を募集しています。この際、吉田区にはこだわらないそうですので、皆さんぜひ一緒に。

私ですか?もちろん入ってます👍

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2月定例会をひっそりと開催 「みらいの高森をつくる会」の2月定例会みらいの高森をつくる会の2…
  2. 出場申込締め切りは2月27日(火) 2024.3.2(SUT)10:30-1…
  3. X(旧twitter)のアカウント「高森町消防団の日常」から、最近の活動をご紹介します。ちなみに、…
  4. 高森人図鑑に32人目が登場 高森町民の多様性を感じるサイト『高森人図鑑』32人目に登場したの…
  5. 野の花亭と言えば五平餅 上段道、またの名をハーモニックロードを、湯が洞から北へ車で3分、セン…
  6. 8-0でフィンランドに完勝 10月11日に行われたパラアイスホッケー世界選手権B-p…
  7. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  8. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る