キビタキ御一行様いらっしゃいませ。ようこそ高森町へ。春はたくさんの野鳥がやってきて耳が忙しい。

トッポジージョマンマミーヤ

次々と渡り鳥の皆さんが来町しておりますが、私は今朝でしたが、役場産業課の松島さんは2日前にキビタキのさえずりを確認したそうです。キビタキが高森町にやってくるのは4月からの暖かい時期、繁殖と子育てを終えると10月頃には冬越しのために東南アジアへと旅立ちます。

私はキビタキを目撃したことがありません。いつも声だけ。頭と首元の黄色が鮮やかだそうで、こんな小鳥に出会えたら嬉しいでしょ~ね~。

高森町の動植物173ページ

西山地や段丘崖の樹林に生息していますが、針葉樹よりも広葉樹の多い明るい林を選んでいるようです。繁殖期に胸の鮮やかな黄色を誇示しながら、木の枝で「ポッポロリー・ポッポロリー」と強く囀る姿には魅了されます。派手な雄に比べ雌は地味な色をしているので雌雄の区別は簡単です。
普通は幹の浅い穴や割れ目に枯葉などを運び込んで巣を作って雛を育てますが、木の穴などが少ない林に、前板のない巣箱を用意してやると、そこで子育てをすることがあります。

さえずりには、ちょっとバリエーションがあって。私が今年初めて聞いたさえずりは「トッポジージョマンマミーヤ」でした。ま、一般的に受け入れられるのは諦めていますがね。

※注 トッポジージョ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 佐藤タイジロマンティックツアー2024 今週末、2月25日(日)佐藤タイジ、ロマンテ…
  2. X(旧twitter)のアカウント「高森町消防団の日常」から、最近の活動をご紹介します。ちなみに、…
  3. 天気の良い週末のお昼には、席がない可能性もある人気のカフェ、madan tabannは、イ…
  4. 南信州自家製ねぎだれ「豚鶏丼」 メニュー開発に余念がない町民食堂「柿丸くん」に、新メニュー登…
  5. 2月7日、”新しい高森の姿を目指して”活動を続けるTAKARTの会議が行われました。 …
  6. 高森人図鑑に32人目が登場 高森町民の多様性を感じるサイト『高森人図鑑』32人目に登場したの…
  7. 野の花亭と言えば五平餅 上段道、またの名をハーモニックロードを、湯が洞から北へ車で3分、セン…
  8. 8-0でフィンランドに完勝 10月11日に行われたパラアイスホッケー世界選手権B-p…
  9. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  10. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る