高森町、人口増えました。~南信州新聞2月2日の1面~『6町村が社会増に』

人口増は高森町だけ

南信州新聞2月2日の記事によると、この1年間で、下伊那14市町村中、高森町だけが人口増だったそうです。
転入転出を表す「社会増減」では高森(+103)の他に平谷(+1)、根羽(+5)、泰阜(+3)、喬木(+5)、大鹿(+16)が増加しました。
これに出生死亡を表す「自然増減」を加えたものが「人口増減」となるのですが、高森では自然増減が99人減でトータルの人口増減が+4という結果だったようです。

詳しくは南信州新聞2月2日版をご覧ください。

話のついでに推移を見てみる

回覧板や町づくり懇談会(通称:まちこん)で配られる資料に人口の推移も載っているので見てみます。役場のホームページからも閲覧できますよ。

平成22年頃をピークに減少傾向が始まっているようです。今朝(2月2日時点)役場のホームページには「人口 12,925人」と掲載されています。南信州新聞の記事では12,761人となっているので、そこからまた増えたんですね。

2016年に策定された「日本一のしあわせタウン総合戦略(前半)」によると、「高森町の人口は平成27年頃にピークを迎えつつあり、以降緩やかな減少局面に入ると予想されます。」とあるので、予想よりピークが早めだったことがわかります。

「日本一のしあわせタウン総合戦略(あらまし)」にはこんなグラフが。2020年の人口を13,098人まで維持するとありますが、これと比較すると今日(2022年2月2日)の12,925は目標より若干減ってしまっていますね。

とはいえ・・・

とはいえ、ですよ。2022年で若干名でも増加がみられたことは明るい材料です。これが一時的なものではなく、傾向として続くように自分たちにできることはないか、よーくよ~く考えることが大事じゃないでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 佐藤タイジロマンティックツアー2024 今週末、2月25日(日)佐藤タイジ、ロマンテ…
  2. X(旧twitter)のアカウント「高森町消防団の日常」から、最近の活動をご紹介します。ちなみに、…
  3. 天気の良い週末のお昼には、席がない可能性もある人気のカフェ、madan tabannは、イ…
  4. 南信州自家製ねぎだれ「豚鶏丼」 メニュー開発に余念がない町民食堂「柿丸くん」に、新メニュー登…
  5. 2月7日、”新しい高森の姿を目指して”活動を続けるTAKARTの会議が行われました。 …
  6. 高森人図鑑に32人目が登場 高森町民の多様性を感じるサイト『高森人図鑑』32人目に登場したの…
  7. 野の花亭と言えば五平餅 上段道、またの名をハーモニックロードを、湯が洞から北へ車で3分、セン…
  8. 8-0でフィンランドに完勝 10月11日に行われたパラアイスホッケー世界選手権B-p…
  9. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  10. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る