元地域おこし協力隊の滝口さんがウクライナチャリティイベントにきゅうりを提供!

6月11日にアグリ交流センターで開催されるウクライナチャリティイベント、焼肉や焼き鳥のガッツリ系料理が多くなることを想定して、おなじみ鉄板居酒屋亀じぃの小池さんがスッキリきゅうりの一本漬けを用意してくれます。そのきゅうりを提供してくださるのは大島山で農業を営む滝口さん45歳。

「地域おこし協力隊が定着しない」高森町にあって、町に定着してくれた稀有な地域おこし協力隊出身の方です。ん?・・・あ、思い出した!広報1月号に載ってた人だ!

埼玉県出身の滝口さんは、医療機器製造会社に勤務していた40歳のときに就農を決意。”市田柿”の高森町で地域おこし協力隊として新規就農研修を経て去年から正式に農家として独り立ちしました。あ~、確かに、読んだことある!

そんな滝口さんは大島山区に転入。なぜ山吹や牛牧や吉田や市田じゃなくて大島山かというと、瑠璃寺の瀧本住職さんが大島山の空き家を紹介してくださったのが縁だそうです。住職さんグッジョブですわ~。歩いて亀じぃに行ける立地がうらやましい。

お邪魔したこの日はきゅうりを相手に奮闘中。構造改善で面積が広くなった急こう配の土手草刈りや、全てを一人でこなさなければいけない状況に悪戦苦闘しているそうですが、「まわりの人がみんな良くしてくれる」のでなんとかやっていけるそうです。た~だ、やっぱり常会に入ったことによる行事の多さや、いろんな「役」がまわってくることにはプレッシャーを感じるとも話していました。分かるわ~。でもそれきっと常会に入ったからみなさんに良くしてもらえるってこともあるんすよ、悩ましいところですね、私も転入組なのでよくわかります。

これからも「高森町にだって地域おこし協力隊は根付くんだ!」というモデルとして是非活躍してほしいです。何かあったら瀧本住職に相談できるし、安心ですね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2月定例会をひっそりと開催 「みらいの高森をつくる会」の2月定例会みらいの高森をつくる会の2…
  2. 出場申込締め切りは2月27日(火) 2024.3.2(SUT)10:30-1…
  3. X(旧twitter)のアカウント「高森町消防団の日常」から、最近の活動をご紹介します。ちなみに、…
  4. 高森人図鑑に32人目が登場 高森町民の多様性を感じるサイト『高森人図鑑』32人目に登場したの…
  5. 野の花亭と言えば五平餅 上段道、またの名をハーモニックロードを、湯が洞から北へ車で3分、セン…
  6. 8-0でフィンランドに完勝 10月11日に行われたパラアイスホッケー世界選手権B-p…
  7. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  8. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る