今月の「みらいの高森をつくる会」は農地、自治会、夕映え道路~山査子プロジェクトが開発中の山査子ジャムを添えて

みらいの高森をつくる会1月定例会

みらいの高森をつくる会、1月の定例会が1月28日に開かれました。今回は、山査子プロジェクトで商品開発中の山査子ジャムの試食会も兼ねての開催でした。
ときには真剣に、ときにはゆる~く、高森町のことについて語る定例会、今月の話題は
・農地の集約化
・自治会のあり方
・下市田の夕映え道路からエスバードまでの道路整備

とても発色がきれいな山査子ジャムは、他のどのフルーツとも似ていない独特の風味が美味しかったです。今回はクラッカーに塗って頂きましたが、パンに塗っても合うと思います。
2018年から活動している山査子プロジェクトは、山査子の栽培だけにとどまらず、最近では商品開発にも力を入れているんだそうです。

農地の集約化

齋藤議員からは、農水省が推進する地域計画(人・農地プラン)の推進について情報提供がありました。
高齢化と人口減少が本格化する中で、農地の集約化や農家の確保育成をはかるために、効率化などの措置を講ずるという話。令和7年3月末までに市町村ごとに地域計画を作成して、10年後の将来に向けて具体的な取り組みをしましょうというものだそうです。
それぞれの農家さんが、ご先祖様から受け継いだ農地が簡単に「集約化」できない気がしますが、その農地が荒れ果てないためにも、耕作が難しくなったら農地バンクに登録してみるのも手かなと思いました。

自治会の在り方

これ、毎回話題にのぼるテーマです。どの地区でも常会から脱退する世帯が増えているようなんです。高齢化などが原因で、地区の役を務めることが困難になったとして、役の免除は簡単ではなく、やむなく脱退という形になっているようです。
話を難しくしているのは、”常会”を抜けるけど”区”は抜けないという構図です。一人ひとりの生活に必要な地域活動のうち、どれが”区”の活動で、どれが”常会”の活動なのか。
古くからあった”五人組”的な意味合いの強い”お組合”に対し、”区”が行政サービスを補助する機能を担っている組織なので、そもそも別物っぽいんですよね。そこに「区-常会-組合」という一連の関係性を持たせていることが、なんか、問題を複雑にしているように思いました。

エスバードんとこにラウンドアバウト?

出砂原のラウンドアバウト(環状交差点)にはもう慣れましたか?交差点に進入するときにはウインカーを出さず、出るときだけウインカー出すんですよね。そうじゃないと、ほぼずっと左折のウインカー出しっぱなしになりますからね。
さて、そんなラウンドアバウトが座光寺エスバードのちょっと上の辺にもできそうだという話です。

まだ超えるべきハードルはある様子で、実際にどんなルートになるかは分かりませんが、高森町目線で言えば、下市田区民会館の東側を走る町道259号線(通称夕映え道路)が、そのラウンドアバウトに接続することになりそうです。湯が洞街道との相性とか、気になりますね。

町議と町民をつなぐ場

「みらいの高森をつくる会」は、名前ほど大それた活動はしていません。ただ、町政の話をタブー視せずに茶飲み話として語り合いましょうという場を月に1度もうけて、なんだかんだ約2年続いています。そこには町議の方もいて、町でどんな計画が進んでいるのか、とか、ま、いろんな話が聞けて面白いです。ご縁がありましたら、皆さんも一度、どうですか?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2月定例会をひっそりと開催 「みらいの高森をつくる会」の2月定例会みらいの高森をつくる会の2…
  2. 出場申込締め切りは2月27日(火) 2024.3.2(SUT)10:30-1…
  3. X(旧twitter)のアカウント「高森町消防団の日常」から、最近の活動をご紹介します。ちなみに、…
  4. 高森人図鑑に32人目が登場 高森町民の多様性を感じるサイト『高森人図鑑』32人目に登場したの…
  5. 野の花亭と言えば五平餅 上段道、またの名をハーモニックロードを、湯が洞から北へ車で3分、セン…
  6. 8-0でフィンランドに完勝 10月11日に行われたパラアイスホッケー世界選手権B-p…
  7. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  8. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る