ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株~ヤクルト1000が品薄なこの機会にヤクルト創始者の代田さんが飯田出身だっていう話を

「ヤクルト1000飲んだら朝までぐっすり寝られる」なんてマツコさんが言っちゃった日にゃ・・・即刻入手困難ですよ。私もテレビでマツコさんの話を聞いた翌日からヤクルト1000を飲んでます 笑
確かに、便の調子がいい!

ヤクルトの売りといえば乳酸菌ですが、ヤクルトに含まれる乳酸菌シロタ株は、ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株と呼ばれたり、Lカゼイ・シロタ株とも呼ばれます。酸素があってもなくても増殖することができ、耐酸性があることで胃酸にも負けず排泄されるまで生き続けることができます。生きて腸までたどり着くことができるからこそ、腸内環境を改善して健康維持に一役買ってくれるわけです。ちなみに、ヤクルト400やヤクルト1000、これは400億個、1000億個の乳酸菌が入っていることを表すネーミングだそうです。そしてこの乳酸菌を発見した人が、ご存じ飯田出身の、もっと絞ると竜丘出身の代田稔さんです。

代田稔さんが京都帝国大学(現在の京都大学)で医学の道を歩みだしたのは1921年。その当時日本はまだ豊かとはいえず、衛生状態の悪さから感染症で命を落とす子供たちが数多くいました。

そんな現実に胸を痛めていた医学生時代の代田さんは、病気にかかってから治療するのではなく、病気にかからないようにする「予防医学」を志し、微生物研究の道に入ります。

そこで乳酸菌が腸の中の悪い菌を抑えることを発見、これをさらに強化培養することに世界で初めて成功します。

それが、今日「乳酸菌 シロタ株」と呼ばれる学術名 ラクトバチルス カゼイ シロタ株という乳酸菌です。

その後、代田さんは、生きて腸内に到達し、有用な働きをする「乳酸菌 シロタ株」を、一人でも多くの人々に摂取してもらうため、有志と共に安価でおいしい乳酸菌飲料として製品化します。
そして1935年、乳酸菌飲料「ヤクルト」が誕生しました。

ちなみに、国立市のヤクルト本社には代田稔記念館があって、代田さんの生涯を知ることができます。

どうですか、名横綱大鵬のお父さんがウクライナ人だっていうのを知ったときとどっちが驚きました?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2月定例会をひっそりと開催 「みらいの高森をつくる会」の2月定例会みらいの高森をつくる会の2…
  2. 出場申込締め切りは2月27日(火) 2024.3.2(SUT)10:30-1…
  3. X(旧twitter)のアカウント「高森町消防団の日常」から、最近の活動をご紹介します。ちなみに、…
  4. 高森人図鑑に32人目が登場 高森町民の多様性を感じるサイト『高森人図鑑』32人目に登場したの…
  5. 野の花亭と言えば五平餅 上段道、またの名をハーモニックロードを、湯が洞から北へ車で3分、セン…
  6. 8-0でフィンランドに完勝 10月11日に行われたパラアイスホッケー世界選手権B-p…
  7. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  8. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る