\今日はライブもあるよ/甕えみさん10年ぶりの個展『トキツカゼ』黒田のカフェ・アートハウスで2月6日まで~1月28日にはライブもあるよ

1月28日(日)はコラボライブ

”書家”という枠には収まらない創作家・・・アーティスト、甕えみさんの個展『トキツカゼ』が飯田市上郷黒田のカフェアートハウスさんで2月6日(火)まで開催中です。
1月28日(日)の午後2時30分からはコラボレーションライブ『天祈音ヒラキ(あのんひらき)』があります。たむらなおみさんの唄、夏秋文彦さんの音、甕えみさんの即興舞書、杉浦みずきさんの舞踊、田村鷹さんの太鼓によるコラボレーション。
チケットは2,000円+ワンオーダー、18歳以下は無料です。人数制限があります。

甕えみさんの10年ぶりの個展『トキツカゼ』が1月26日から始まっています。2月6日(火)までの開催となっていますので、美味しいコーヒーを飲みながら甕さんの作品をご覧になってはいかがでしょうか。ご本人もいらっしゃいますよ。
久堅和紙の手法に試行錯誤を重ね、「和紙を錆びさせる」ことで表現される「終わりのはじまり」。闘病中の友人のためにしたためた季節の言葉、七十二候「季節 こと乃は 福暦」は2024年春の新作が展示販売されています。
春夏秋冬をそれぞれ6つに分けたものが二十四節気。それをさらに3等分したものが七十二候です。
季節の訪れを一歩先んじて察知することができ、農耕作業をすすめるためには今も欠かすことのできない暦です。七十二候は、その二十四節気を約5日ごとに3等分し、1年を七十二に分けたものです。たとえば
東風解凍(はるかぜこおりをとく)2月4日頃
黄鴬睍睆(うぐいすなく)2月9日頃
魚上氷(うおこおりをいずる)2月14日頃
土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)2月18日頃
霞始靆(かすみはじめてたなびく)2月23日頃
草木萌動(そうもくめばえいずる)2月28日頃
蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)3月5日頃
桃始笑(ももはじめてさく)3月10日頃
菜虫化蝶(なむしちょうとなる)3月15日頃

豊かで厳しい自然の中で生活をしてきた日本人の感性を、甕さんが自由な書体で表現しています。病室から出られない友人に贈り続けた心を感じられる作品です。

時間がゆっくり流れるアートハウス

今、甕さんの個展が開かれている黒田のカフェ、アートハウスは、その名の通りカフェの一角に展示スペースが設けられていて、ちょくちょく個展が開かれています。
そんなアートハウスは、ちょっと奥まった立地のせいか、とても静かで、時間の流れ方がとてもゆっくりです。

通り沿いではないので、「行こう」と思わないと見つけられないお店。

なんですかね、この、時間の流れから取り残されたような感覚

近所の小学生が見つけてきてくれた宝物の石とか、お客さんが作ってくれた猫の置物とか、なんか、暖かく迎えてくれているような不思議な感覚。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2月定例会をひっそりと開催 「みらいの高森をつくる会」の2月定例会みらいの高森をつくる会の2…
  2. 出場申込締め切りは2月27日(火) 2024.3.2(SUT)10:30-1…
  3. X(旧twitter)のアカウント「高森町消防団の日常」から、最近の活動をご紹介します。ちなみに、…
  4. 高森人図鑑に32人目が登場 高森町民の多様性を感じるサイト『高森人図鑑』32人目に登場したの…
  5. 野の花亭と言えば五平餅 上段道、またの名をハーモニックロードを、湯が洞から北へ車で3分、セン…
  6. 8-0でフィンランドに完勝 10月11日に行われたパラアイスホッケー世界選手権B-p…
  7. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  8. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る