「晴れ」が何よりV

11月19日の高森ふるさと祭『まるごと収穫祭』2022、良かったですね~。「収穫祭と言えば雨」でおなじみだったのですが、好天にも恵まれての開催でした。

子どもから大人まで楽しめるブースでいっぱい。

飲食ブースはどこも大盛況

毎年行列が一番長い商工会青年部の「焼き鳥」「牛串」ブースは今年も絶好調。

町体下のエリアではキッチンカーにも長蛇の列。

公民館には様々な展示

先日大活躍したギネスそうめんのレーンも展示されていました。

初の試み「夜の部」

実行委員会が挑戦した大きな試みの一つ、「夜の部」では、ギネスそうめんと並んで高森中3年生が取り組んだライトアップによる演出も取り入れられ、中学生も大事な役目を担って一緒に作り上げたイベントだということを強く感じました。

夕方くらいに一旦少なくなった人出も、夜の部で再びにぎやかに。

役場庁舎をスクリーンにしたプロジェクションマッピング。設備や予算や映像制作など、いくつものハードルを乗り越えて実現しました。

もちろんコレも初。打ち上げ花火ではないからこそ近くから観覧できる仕掛け花火。

役場と大人と子どもたち

流しそうめんもそうでしたけど、今回の収穫祭も「役場と大人と子どもたち」みんなで作り上げた感を強く感じました。閉会後には来年の開催に向けて「あれをやりたい!」「これをやりたい!」という声をあちこちで聞きました。
3年ぶりの開催となった収穫祭は高森町の元気さを表していたし、高森町をさらに元気づけたお祭りでした。来年の収穫祭が、もう楽しみです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 佐藤タイジロマンティックツアー2024 今週末、2月25日(日)佐藤タイジ、ロマンテ…
  2. X(旧twitter)のアカウント「高森町消防団の日常」から、最近の活動をご紹介します。ちなみに、…
  3. 天気の良い週末のお昼には、席がない可能性もある人気のカフェ、madan tabannは、イ…
  4. 南信州自家製ねぎだれ「豚鶏丼」 メニュー開発に余念がない町民食堂「柿丸くん」に、新メニュー登…
  5. 2月7日、”新しい高森の姿を目指して”活動を続けるTAKARTの会議が行われました。 …
  6. 高森人図鑑に32人目が登場 高森町民の多様性を感じるサイト『高森人図鑑』32人目に登場したの…
  7. 野の花亭と言えば五平餅 上段道、またの名をハーモニックロードを、湯が洞から北へ車で3分、セン…
  8. 8-0でフィンランドに完勝 10月11日に行われたパラアイスホッケー世界選手権B-p…
  9. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  10. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る