広報6月号でたよ。特集「人と自然が共生する社会へ」に唸る。たかもり環境塾?聞いたことなかったけど・・・

月に1度の発行が待ち遠しい高森町広報『あったかもり』の6月号が各家庭に配布されました。

毎号、一番楽しみなのは巻頭の特集です。どんな事、人にどんな角度でスポットを当てるのか。そして今回の特集が『人と自然が共生する社会へ』ということでお二人の方が紹介されています。

関島 純子さん

諏訪市生まれ下市田在住。長野県地球温暖化防止活動推進員として『たかもり環境塾』を主催。生ごみのたい肥化、自然エネルギー研究、炭素循環農法の講演会や勉強会などの普及活動を行う。
庭で二羽のニワトリを飼って野菜くずなどを無駄にせず餌にしているそうです。・・・裏庭にも二羽、いないか。

平沢 宗治さん

飯田市生まれ出砂原在住。JR職員として県内外を転々として平成6年に高森町に定住。尺八グループ『天竜 竹の会』を主催。作詞作曲を楽しむ『柿楽会』の会長も務め、一弦ギターを考案したり石を使ったアクセサリーを作ったりと、モノづくりの輪を広げています。

いや、まいりました。自分なりにはいわゆる『環境問題』の情報を集めていたつもりですが、町内に『たかもり環境塾』があるなんて初耳。しかもエネルギーからプラスチック、農業、電磁波とカバー範囲が広い!
自然に親しみながらものづくりを楽しもうという発想は自分達でも持って遊んでいるつもりでしたが、先達がおりましたよ。こうしてみると、町内にはいろんな世代のいろんなグループが予想以上に多く存在していますね。

ということで、他にも興味深いテーマが分かりやすく紹介されている広報『あったかもり6月号』をぜひ手に取ってみてください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2月定例会をひっそりと開催 「みらいの高森をつくる会」の2月定例会みらいの高森をつくる会の2…
  2. 出場申込締め切りは2月27日(火) 2024.3.2(SUT)10:30-1…
  3. X(旧twitter)のアカウント「高森町消防団の日常」から、最近の活動をご紹介します。ちなみに、…
  4. 高森人図鑑に32人目が登場 高森町民の多様性を感じるサイト『高森人図鑑』32人目に登場したの…
  5. 野の花亭と言えば五平餅 上段道、またの名をハーモニックロードを、湯が洞から北へ車で3分、セン…
  6. 8-0でフィンランドに完勝 10月11日に行われたパラアイスホッケー世界選手権B-p…
  7. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  8. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る