命名「高森古城」吉田城址で発見された桜が新品種に認定!

5月30日、吉田城址愛護会が恒例の草刈りと令和4年度の定期総会を行いました。

草刈りは慣れたもの

平らな面はモアが担当、木の際や土手は刈払い機が担当、ものの30分程度で城址公園はきれいになります。70歳以上の方が多いとは信じがたい作業スピードです。

新品種認定「高森古城」

草刈り後は吉田区民会館に場所を移して定期総会が開かれました。そこで、2009年から品種調査を行ってきた古城桜が新品種として認定されたと報告がありました。平成10年に竹藪の中から故下村喜久美氏によって発見された桜は平成21年から品種調査を進めると共に、原木の観察と接ぎ木による増殖と、保護活動によって見守られてきて、令和4年にしてようやく新品種として認定されるに至りました。

桜も荒廃地対策の産物

平成15年から「里つくり委員会」を中心に「区」と「愛護会」、「区民有志」で荒廃地整備に着手、吉田小沼の荒廃地はどうしようもない場所でしたが、整備が報われて、今では皆さんご存じ北部火葬場五稜の杜として立派に活用されています。また吉田城址でも桜が新品種に認定され、これも荒廃地対策がもたらした産物と言えます。

20年にもわたって整備活動を継続してこられた吉田地区の根気には頭が下がります。その結果が五稜の杜であったり桜であったり。ですが愛護会の皆さんは城址公園の整備についてまだまだ満足していません。これからも力強い活動が続いていきます。

この会も例にもれず高齢化が進んでいます。吉田区民に限らず、吉田城址公園の整備に関心がある方は活動に加わってみてはいかがでしょうか。

情報提供:吉田城址愛護会

関連記事

ピックアップ記事

  1. 佐藤タイジロマンティックツアー2024 今週末、2月25日(日)佐藤タイジ、ロマンテ…
  2. X(旧twitter)のアカウント「高森町消防団の日常」から、最近の活動をご紹介します。ちなみに、…
  3. 天気の良い週末のお昼には、席がない可能性もある人気のカフェ、madan tabannは、イ…
  4. 南信州自家製ねぎだれ「豚鶏丼」 メニュー開発に余念がない町民食堂「柿丸くん」に、新メニュー登…
  5. 2月7日、”新しい高森の姿を目指して”活動を続けるTAKARTの会議が行われました。 …
  6. 高森人図鑑に32人目が登場 高森町民の多様性を感じるサイト『高森人図鑑』32人目に登場したの…
  7. 野の花亭と言えば五平餅 上段道、またの名をハーモニックロードを、湯が洞から北へ車で3分、セン…
  8. 8-0でフィンランドに完勝 10月11日に行われたパラアイスホッケー世界選手権B-p…
  9. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  10. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る