脱炭素に吉報 日本の洋上風力のポテンシャルが判明

日本を囲む海に風力発電機を取り付けると、現在の日本の電力消費量の数倍の電気を作り出すことが可能だという調査結果が発表されました。

太陽光発電については、パネル価格が上昇、保険料も上昇で固定価格買取制度の下でパネルを増設する事業者が減ると予想され、バイオマス発電についてはカーボンニュートラルな手法ではないということが言われ始め、天然ガス発電は天然ガスが中国に買い占められ価格が1年で5倍にもなり、石炭火力発電は世界中から叩かれ、原子力発電はもう新規の設置が許されない・・・と苦しい情報ばかりが続く脱炭素ジャンルなのですが、一筋の光が差し込んできました。

世界洋上風力サミットで発表された内容によると、理論上、日本は洋上風力だけで1,897GW(現在は58.6MW)の発電が可能であり、これは現在の日本の電力消費量の7.5~8倍に相当する電力量だそうです。経済的排他水域の広さが世界で6位という以外な資産を活かしてエネルギー自給率100%超を超えることが可能かもしれないというのです。
洋上風力発電の技術は現在各国で開発競争が進められていますが、欧州が先行しているため、日本で洋上風力発電を本格的に始めると、欧州メーカーのいいお客になってしまうことは避けられないようです。ですが、そこで学習して国産の風力発電設備を作ることができれば、エネルギー面でも経済的な面でも日本が元気になれるチャンスが訪れそうです。

風車のブレード1枚の長さが100mもあるような大きなものになるらしいですよ。なんかエヴァンゲリオンの世界観だなって。個人的な感覚ですけど。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 佐藤タイジロマンティックツアー2024 今週末、2月25日(日)佐藤タイジ、ロマンテ…
  2. X(旧twitter)のアカウント「高森町消防団の日常」から、最近の活動をご紹介します。ちなみに、…
  3. 天気の良い週末のお昼には、席がない可能性もある人気のカフェ、madan tabannは、イ…
  4. 南信州自家製ねぎだれ「豚鶏丼」 メニュー開発に余念がない町民食堂「柿丸くん」に、新メニュー登…
  5. 2月7日、”新しい高森の姿を目指して”活動を続けるTAKARTの会議が行われました。 …
  6. 高森人図鑑に32人目が登場 高森町民の多様性を感じるサイト『高森人図鑑』32人目に登場したの…
  7. 野の花亭と言えば五平餅 上段道、またの名をハーモニックロードを、湯が洞から北へ車で3分、セン…
  8. 8-0でフィンランドに完勝 10月11日に行われたパラアイスホッケー世界選手権B-p…
  9. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  10. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る