スズメより多くね?言葉を使うと言われているシジュウカラの研究の発端は長野県軽井沢町

2024.6.25撮影

スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属 留鳥

シジュウカラ


文法をもつ言葉を使う小鳥
野鳥に興味がないと、その存在にも気づかないかもしれませんが、ま~そこらべったりおる小鳥の1種がシジュウカラ。ウチの近所ではスズメより多いですよ。

高森町の動植物では170ページ。天竜川の河畔林から山地の頂上まで広い地域に生息し、森林だけでなく集落や河川、農耕地でも樹木があれば棲むことがでる鳥です。「ツピーツピー・ジュクジュク」と鳴きながら、主に樹林の下層部を移動し、枝葉にいる虫を主食にしていますが、冬は植物の種や果実を食べることもあります。1年中ほぼ同じ場所で過ごし、生きている限り、つがいは変わらないそうです。春から夏にかけて、樹洞や人工物の穴、石垣などに苔を集めて作った巣に産卵して子育てを行います。ひまわりの種など入れた餌台や板で作った巣箱をよく利用する身近な鳥です。他のカラ類と似ていますが、シジュウカラは白黒のツートンカラーで胸に黒いネクタイをしているので見分けがつきます。

動物言語学の研究対象

言葉を話すらしい


複数の鳴声を文法に沿って組み立てる
シジュウカラは、複数の鳴き声を組み合わせてコミュニケーションをとると言われています。鳴き声の組み合わせ方には、順番による「文法」があるという研究結果があるそうです。ちなみに、この研究は軽井沢町の森で行われた観察によって発見されたそうです。

ま~、だから鳴声にいろんなバリエーションがあるので、声だけで野鳥を判別するのは至難の業。分からないときは声を録音して役場の松島さんに聞きに行くと教えてくれます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. クロワッサン食べながら”居場所”みつけた感 『春風』が再開 長かった…
  2. アグリ交流センター巨大ハウス スケートボードパークが登場 2024年7…
  3. パンと焼き菓子のカフェ『春風』 リニューアルオープン 2024年7月1…
  4. 2024.6.15撮影 スズメ目モズ科モズ属 留鳥 百舌鳥(モズ) …
  5. 2024.6.13撮影 ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属 カワセミ …
  6. 高森人図鑑 瑠璃寺獅子舞関係3件 大洞さん、青山さん、獅子舞のシリーズもの高森…
  7. 毎週登山の麦峰チャンネル 長野に暮らす醍醐味 高森町民吉川さんのYouTube…
  8. 亀じぃ2号店 KAME HOUSE(かめはうす) 幸喜笑亀麺飯酒上県道…
  9. そんなスペースあったっけ? 禁断の4ステージで2日間開催 2024年3…
  10. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る