嘘みたいだろ青いんだぜ~全国的におるしもちろん南信州にもおるオオルリ。目立つっていうけど、そんなん野鳥マニア基準の話でまぁ見つからん。

2024.6.4撮影

スズメ目ヒタキ科

和名 オオルリ


東南アジアに広く分布 インドシナ半島付近で越冬
高森町の動植物でいうと173ページ
春先、南の地方からやってきて、低地から亜高山下部までの明るい林に棲みますが、谷川沿いの傾斜地を好むようです。段丘崖や山地の谷沿いの林ではよく見かける鳥の一種です。渡ってきて間もない春先、濃い瑠璃色の背と白い腹部で目立つ雄は、高い木の梢に止まり大きな美しい声で囀るのでよく目立ちます。

2024.5.24撮影

雌は地味な色なのであまり目立ちません。普段は崖や岩のくぼみにコケで巣を作り繁殖しますが、巣箱や建物の隙間などに巣を作ることもあります。

2024.5.24撮影

他のヒタキ科の鳥と同様に、枝に止まり、空中を飛び回る虫を見つけると飛びついて捕まえます。

オオルリは、その美しい姿と声で古くから日本の詩や文学に登場しています。特に江戸時代の俳句や和歌には、オオルリに言及した作品が数多く存在します。その中でも、松尾芭蕉の弟子である与謝蕪村が詠んだ句が有名です。

与謝蕪村の句:
「春の夜や 大瑠璃鳴いて 水清し」

この句は、春の夜にオオルリの美しい鳴き声が響き渡り、清らかな水の音と共鳴している情景を描いています。蕪村は自然の美しさとその瞬間の静けさを、この一瞬に凝縮して表現しています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2024.6.15撮影 スズメ目モズ科モズ属 留鳥 百舌鳥(モズ) …
  2. 2024.6.13撮影 ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属 カワセミ …
  3. 高森人図鑑 瑠璃寺獅子舞関係3件 大洞さん、青山さん、獅子舞のシリーズもの高森…
  4. 毎週登山の麦峰チャンネル 長野に暮らす醍醐味 高森町民吉川さんのYouTube…
  5. 亀じぃ2号店 KAME HOUSE(かめはうす) 幸喜笑亀麺飯酒上県道…
  6. そんなスペースあったっけ? 禁断の4ステージで2日間開催 2024年3…
  7. 地元、大島川でテンカラ 漁期終了1カ月前となるこの日、上市田在住の原沢さんは、地元の釣り仲間…
  8. 天竜川を遊びつくそう! 本チャンのMIZBEステーションは山吹カインズの向かいの辺にできる予…

ピックアップ記事

  1. お隣の建物にお引越し 明るい女将さんと家庭的なメニューで人気を博している『居酒屋ちぃちゃん』…
  2. このメニューで予習してって 麺の量は4通り 小盛 220g中盛 400…
  3. 4月12日からオープンしています 南信州新聞に載っていましたね。牛牧の中北常会です。牛牧神社…
ページ上部へ戻る