冬鳥は飛来が分かりづらいけどカモ類はけっこう来てるって

水鳥類はけっこう来てる

10月頃から冬鳥の来町が始まっています。天竜川とかため池には、夏を北海道などで過ごしたカモ類がけっこうやって来ています。

普通は見分けがつかない・・・

パッと見「カモ、的な?」くらいしか分かりませんが、けっこう多くの種類がおるようです。

マガモ(頭が緑の)

カルガモと同じく大型のカモ。雄は東部の緑色が目立ちます。昼は川の淵や池で休憩、夜になると湿地や水田で餌を探します。

コガモ(小さいの)

カルガモより2回り小さい最小のカモ。繁殖期には北海道や本州の山岳地域で生息。昼間、数十羽で天竜川の岸辺や池で泳いでいる須川をみることができます。

ヒドリガモ(いたらラッキー)

松本、諏訪でよくみられるけど高森ではレアな鳥。堤の辺で目撃情報があるとかないとか。

オオヨシガモ(地味なの)

地味な鳥らしいです。年から年中見られる「マガモ」に似てるけど、羽の後ろの模様が青ならマガモ、白ならオオヨシガモ・・・たぶん分かんね~な~。

カワアイサ(釣り人アンチ)

見た目、後頭部が膨らんで見えるそうです。諏訪湖で魚を食いまくるので問題になっているそうですが、最近天竜川でも増えてるんですって。

カイツブリ(けっこう潜る)

万年橋と明神橋の辺でたまに見かけるくらいらしいです。でも「高森町の動植物」には、どこかで繁殖しているカモなんて思わせぶりなこと書いてあります。

庭先に飛んでこないからね~

ということで、冬のカモ類をご紹介しましたが、カモ類って小鳥と違って庭先でさえずってくれないので、居る場所に行かないと見えないんですよね。しかも、川とか池って今の時期行かね~。

詳しく知りたい方は

「高森町の動植物」156ページあたりから鳥コーナーになっていますのでそちらを読んで下さい。

情報提供:役場産業課 松島さん

関連記事

ピックアップ記事

  1. 活動の幅が広くて一言では・・ 高森人図鑑21人目はザックリ言えば「アーティスト」の甕恵美さん…
  2. NORTH FACEが20%オフ ちょっと早すぎるんじゃないかと心配になりますが、カムイでN…
  3. 長野県南信州伊那谷廃校プロジェクト クリエイティブキャンプ2023 参加者募集!長野県南信州の廃校…
  4. ここ1年くらいの「山の寺キャンプ場」に関する動画を集めてみました。キャンプ場によると、県外からリピ…
  5. レギュラーが固まってきたか 2022年、池ちゃの試行錯誤の結果、もうメニューがとっちらかっち…
  6. 新春スペシャル対談企画 令和5年一発目を記念する新春特別企画は、総務省地域創造力アド…
  7. 去年やったら美味しかったから 今年も1月2,3日に「自然の中で持ちついて食べようよ。」という…
  8. ギネス認定おめでとうございます! …
  9. 飯田市鼎で写真館を営む堀本さんがぶち上げた「平和の種プロジェクト」、行政も巻き込んで広がりを見せて…
  10. 5月31日、松本山雅F.C.のホームページで、高森町がホームタウンとしてJリーグ理事会の承認を得ら…

高森町の行事予定表

ピックアップ記事

  1. 大島山の南信州グランピングTENKUが好調です。 9月の売上がグランピングとしては全…
  2. 自販機に対しての予想を超えてくることで有名な北部タクシーの『三元豚かつバーガー』が、案の定の想定越…
  3. フルーツライン沿い、上市田のセブンより少し飯田寄りのパン屋さん。 回覧板にも広告入っ…
  4. 出原のアグリ交流センター2F、「カフェいるもんで」が7年目の営業を開始しました!1月から4…
ページ上部へ戻る