本当にやっちまったよ~3515.42mでギネス認定!準備期間の短さもギネス級。高森中学生の呼びかけに町が総力をあげて取り組んだ結果が最高!

竹樋に麺を流した最長距離

今日(2022年11月5日)ギネス認定された記録は3515.42m。これまでの記録は2016年に奈良御所市で達成された3,317mでした。200mくらい記録更新できたことになります。

予定よりスムーズに流れる

リハーサルの様子から、スタートからゴールまで約90分かかると予想されていましたが、実際には1時間を少し切るくらいの時間でゴールしました。

1束のそうめんを流し、25gがゴールできれば成功。

落ち葉などの不純物を取り除いて

結果は43g157gで見事計量パス!ただ、この記録は食べてナンボだそうで。

茹であがったあと、ゴールまでの1時間水に浸され続けた消化の良さそうなそうめんを町長が食べます。本来、企画を立てた中学生に食べてもらいたいところですが、大島川の水を生で使用しているため、種々の理由により町長が「俺が食べる」となりました。
同じ理由で、ギネス達成後もギャラリーの皆さんで食べるなんて光景はありませんでした。

このね、タッパーにミョウガ刻んで持ってきているあたりが壬生町長っぽい。

これは最後のランナー・・・じゃなくて、最後のゴールとなったそうめん。長旅お疲れ様~

小さな町だけど、いろんな得意技をもった人たちが一つになって力を合わせると、こんな短期間でギネス記録を達成できてしまうんですね。高森町の底力を感じたし、中学生の企画を叶えるために、消極的だった町民の底力を引き出した町長が、ちょっとすごいなって感じました。

おいおい、ちょっと待って

この事業、実はギネスが目的じゃないんです。中学生が竹林の問題を考える活動の一環で、竹林問題に注目してもらったり竹の利活用を考えようとして持ち上がった話なんです。

だから竹を粉砕する機械のデモも?デモが?行われていました。

これは竹を粉状になるまで粉砕できる機械

産業課林務係の松島さんによるデモ実演中

こうして粉状にまで細かくされた竹にはいろいろな使われ方があるのですが、驚くのは、これを原料に使い捨て用の食器を作ることができるということ。マイクロプラスチック問題などが話題になる時代ですから、竹がその救世主になるかも知れませんね。・・・いや、ちょっと難しいか。

何はともあれ、ギネス達成おめでとうございます。携わった皆様、大変お疲れ様でした。どなた様も理屈以上の献身があって初めて達成できた偉業だと感じました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 19人目は人形師 『高森人図鑑』に19人目として記されるのは竹田人形の竹田扇壽(せんじゅ)さ…
  2. 11月3日、山の寺キャンプ場で2回目となる『ヤマンテラdeあそぼうさい』が開催されました。 …
  3. 今年は雪が多い・・・らしいよ 今期の長期予報では雪が多いと予想されているので、ウインタースポ…
  4. ギネス認定おめでとうございます! …
  5. こんにちは。北城農園です。10月2日より「シナノスイート」の収穫が始まりました。 完…
  6. 10月2日に、秋晴れの下で大盛況だったキッチンカーフェスティバル。軽トラ市も入れて20台が結集。 …
  7. 飯田市鼎で写真館を営む堀本さんがぶち上げた「平和の種プロジェクト」、行政も巻き込んで広がりを見せて…
  8. 5月31日、松本山雅F.C.のホームページで、高森町がホームタウンとしてJリーグ理事会の承認を得ら…

高森町の行事予定表

ピックアップ記事

  1. 大島山の南信州グランピングTENKUが好調です。 9月の売上がグランピングとしては全…
  2. 自販機に対しての予想を超えてくることで有名な北部タクシーの『三元豚かつバーガー』が、案の定の想定越…
  3. フルーツライン沿い、上市田のセブンより少し飯田寄りのパン屋さん。 回覧板にも広告入っ…
  4. 出原のアグリ交流センター2F、「カフェいるもんで」が7年目の営業を開始しました!1月から4…
ページ上部へ戻る