昼と夜で全力開催の『まるごと収穫祭』今年は1日限りの開催に。実行委員の本気を目撃しよう!

例年なら土日の2日間開催の『まるごと収穫祭』が今年は11月19日(土)の単日開催です。

実行委員の皆さんが、前回の模倣ではない『まるごと収穫祭』に向けて準備を進めています。

付箋を使ったブレインストーミングは実行委員長、西條さんの得意技。実行委員の頭の中にあるアイデアを引っ張り出すのに有効です。

夜の部をやりたいんだ!

夏の風物詩、出砂原地区の大煙火大会が今年もコロナの影響を受けて縮小開催となりました。実行委員の皆さんは、町民のみなさんのその無念さも収穫祭で回収しようとしています。そして踏み切ったのが「夜の部」開催です。これにはいろいろなハードルがあり、その代償として開催日数を1日失うことになりました。
でもそれをマイナスなことととらえず、その限られた1日の中に想いの全てをぶちこもうと実行委員の皆さんの心はむしろ熱く燃えています。

高森中『ライトアップ班』とコラボ

実行委員がどうしてもやりたかった『夜の部』に、高森中学生が華を添えます。竹を素材にしたアーチや灯篭で会場を華やかに飾ります。同じ竹を素材としたプロジェクトのギネスそうめん班が脚光を浴びるなか「僕たちの活動をスルーさせない!」とばかりに相当気合の入った演出になることが想像できます。

もう一回言います
11月19日(土)です!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 活動の幅が広くて一言では・・ 高森人図鑑21人目はザックリ言えば「アーティスト」の甕恵美さん…
  2. NORTH FACEが20%オフ ちょっと早すぎるんじゃないかと心配になりますが、カムイでN…
  3. 長野県南信州伊那谷廃校プロジェクト クリエイティブキャンプ2023 参加者募集!長野県南信州の廃校…
  4. ここ1年くらいの「山の寺キャンプ場」に関する動画を集めてみました。キャンプ場によると、県外からリピ…
  5. レギュラーが固まってきたか 2022年、池ちゃの試行錯誤の結果、もうメニューがとっちらかっち…
  6. 新春スペシャル対談企画 令和5年一発目を記念する新春特別企画は、総務省地域創造力アド…
  7. 去年やったら美味しかったから 今年も1月2,3日に「自然の中で持ちついて食べようよ。」という…
  8. ギネス認定おめでとうございます! …
  9. 飯田市鼎で写真館を営む堀本さんがぶち上げた「平和の種プロジェクト」、行政も巻き込んで広がりを見せて…
  10. 5月31日、松本山雅F.C.のホームページで、高森町がホームタウンとしてJリーグ理事会の承認を得ら…

高森町の行事予定表

ピックアップ記事

  1. 大島山の南信州グランピングTENKUが好調です。 9月の売上がグランピングとしては全…
  2. 自販機に対しての予想を超えてくることで有名な北部タクシーの『三元豚かつバーガー』が、案の定の想定越…
  3. フルーツライン沿い、上市田のセブンより少し飯田寄りのパン屋さん。 回覧板にも広告入っ…
  4. 出原のアグリ交流センター2F、「カフェいるもんで」が7年目の営業を開始しました!1月から4…
ページ上部へ戻る