松川町内外から若者が集まる『BAR#180(ワンエイティ)』マスターの小川さんはIターン

松川町、新井商店街の奥というか、駅のすぐ下というかにある『BAR#180』。週末は混みます。

飯田から代行だと8,000円はかかっちゃう松川町では「無理して飯田に行かなんでも。」って町内で飲む需要があるんです。そんな松川町で”若者”達に楽しい飲みの場を提供しているのがBAR#180。

店舗は海っぽい雰囲気。高森町から来たという若者グループは「松川でこんなお店やってもらって本当ありがたいです。」って改めてマスターの小川さんに感謝の気持ちを伝えていました。

マスターのおススメはDitaさくらドロップ。甘酸っぱくてスッキリしたカクテルでした。
マスターがスポーツが好きなのでサッカーの世界戦があるような夜にはパブリックビューイング的に盛り上がります。

2階はパーティールーム

2階にはパーティールームがあって、貸し切りで使うことができます。こちらもなかなかな雰囲気で、この日も6人くらいのグループが階段を上っていきました。プライベート感のある、かなり嬉しい空間ですよね。

松川町は飯田からちょっと遠いってこともあって、高森町とはまた違った独自の雰囲気がいいですね。

ちょっと見つけづらいかもしれませんが、入り口はこの水色のドア。公営の駐車場が近いので、クルマはそこがいいと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 7月16,17日に野底山森林公園で行われた『焼來肉ロックフェス2022』の様子を伝えるアフタームー…
  2. 市田ヨーグルトでおなじみ市田酪農からお知らせ。 長野県のキャンペーン 長野県産…
  3. 『高森人図鑑』16人目は、『信州たかもり温泉湯が洞/御大の館』支配人の赤羽さんではないですか。 …
  4. 7月23日(土)にアジア電子グランドでアザリー飯田リーグ2022の第9、10節が行われました。 …
  5. 飯田市鼎で写真館を営む堀本さんがぶち上げた「平和の種プロジェクト」、行政も巻き込んで広がりを見せて…
  6. 5月31日、松本山雅F.C.のホームページで、高森町がホームタウンとしてJリーグ理事会の承認を得ら…

高森町の行事予定表

ピックアップ記事

  1. 出原のアグリ交流センター2F、「カフェいるもんで」が7年目の営業を開始しました!1月から4…
  2. 美味しいですよ黒糖饅頭、私が飯田に来て最初に覚えたのは「ざこまん」の呼び名でおなじみの座光…
  3. 先月、牛牧に新しい美容室がオープンしました。上県道を飯田から来たら、あんしん市場へ降りる道…
  4. 先日、伊那で「はじめましてアシュタンガヨガ」のイベントを開催した吉田のエヌラヨガスタジオが、これま…
ページ上部へ戻る