『ヤキフェス』のすごさ~地元で働く”普通”の人たちが困難を乗り越えてぶち上げるフェス。そこに生まれるヤキフェスだけの味わい。

7月16,17日に野底山森林公園で開催される『焼來肉ロックフェス』、通称ヤキフェスのエリアマップが公開されています。

コロナへの配慮も前向き

コロナを理由に中止を余儀なくされた去年の無念。
「今年はなんでかんで実施する!」
「そのために集客を減らす!」
「でもイベント全体の集客人数は減らしたくない!」
「どうする!?」
「・・・2日間やっちゃえば?」
「え゛~・・・いいね!」
これまで3つのステージがあったものを2つにして1日当たりの集客を減らす、その代わり2日間の開催にしてイベントを通しての集客は減らさない、え~関係各位ハードル上がってますけど大丈夫?

フェスだけじゃ食ってけんじゃん

例えば東京、人口が多いからイベントも多い。「プロ」が成立する場所。百戦錬磨のプロたちが集まって、盛大なイベントも難なく成立させてしまう。かわって飯田、イベントに関る「プロ」は成立しづらい。ヤキフェス実行委員はごく一部のプロを除いてほぼ素人。ノウハウも時間もない、毎日他の仕事をしている普通の人たち。ただ「音楽が好き」、ただ「地元が好き」その熱量だけで8年間このイベントを支えてきた。むしろ”熱い”イベント。「素人だからここまでで許してもらおう」そんな考えはない。目指す高みへ全力で向かう。ときにはケンカもする。離れていった仲間もいる。新たに加わる仲間もいる。叩かれることもある。遂げたいのはリニア開通に向けて”本物のイベント”としてヤキフェスを育て上げること。

何回目でも前回と”同じ”はない

第2回目が第1回目と同じではない、生まれ変わりながら常に挑戦を続ける。そこにヤキフェス独特の個性が生まれる。あたたかさが生まれる。その個性が、南信州を代表するお祭りとして形になりつつある。

そんなイベントまで、あと19日。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 活動の幅が広くて一言では・・ 高森人図鑑21人目はザックリ言えば「アーティスト」の甕恵美さん…
  2. NORTH FACEが20%オフ ちょっと早すぎるんじゃないかと心配になりますが、カムイでN…
  3. 長野県南信州伊那谷廃校プロジェクト クリエイティブキャンプ2023 参加者募集!長野県南信州の廃校…
  4. ここ1年くらいの「山の寺キャンプ場」に関する動画を集めてみました。キャンプ場によると、県外からリピ…
  5. レギュラーが固まってきたか 2022年、池ちゃの試行錯誤の結果、もうメニューがとっちらかっち…
  6. 新春スペシャル対談企画 令和5年一発目を記念する新春特別企画は、総務省地域創造力アド…
  7. 去年やったら美味しかったから 今年も1月2,3日に「自然の中で持ちついて食べようよ。」という…
  8. ギネス認定おめでとうございます! …
  9. 飯田市鼎で写真館を営む堀本さんがぶち上げた「平和の種プロジェクト」、行政も巻き込んで広がりを見せて…
  10. 5月31日、松本山雅F.C.のホームページで、高森町がホームタウンとしてJリーグ理事会の承認を得ら…

高森町の行事予定表

ピックアップ記事

  1. 大島山の南信州グランピングTENKUが好調です。 9月の売上がグランピングとしては全…
  2. 自販機に対しての予想を超えてくることで有名な北部タクシーの『三元豚かつバーガー』が、案の定の想定越…
  3. フルーツライン沿い、上市田のセブンより少し飯田寄りのパン屋さん。 回覧板にも広告入っ…
  4. 出原のアグリ交流センター2F、「カフェいるもんで」が7年目の営業を開始しました!1月から4…
ページ上部へ戻る