元地域おこし協力隊の滝口さんがウクライナチャリティイベントにきゅうりを提供!

6月11日にアグリ交流センターで開催されるウクライナチャリティイベント、焼肉や焼き鳥のガッツリ系料理が多くなることを想定して、おなじみ鉄板居酒屋亀じぃの小池さんがスッキリきゅうりの一本漬けを用意してくれます。そのきゅうりを提供してくださるのは大島山で農業を営む滝口さん45歳。

「地域おこし協力隊が定着しない」高森町にあって、町に定着してくれた稀有な地域おこし協力隊出身の方です。ん?・・・あ、思い出した!広報1月号に載ってた人だ!

埼玉県出身の滝口さんは、医療機器製造会社に勤務していた40歳のときに就農を決意。”市田柿”の高森町で地域おこし協力隊として新規就農研修を経て去年から正式に農家として独り立ちしました。あ~、確かに、読んだことある!

そんな滝口さんは大島山区に転入。なぜ山吹や牛牧や吉田や市田じゃなくて大島山かというと、瑠璃寺の瀧本住職さんが大島山の空き家を紹介してくださったのが縁だそうです。住職さんグッジョブですわ~。歩いて亀じぃに行ける立地がうらやましい。

お邪魔したこの日はきゅうりを相手に奮闘中。構造改善で面積が広くなった急こう配の土手草刈りや、全てを一人でこなさなければいけない状況に悪戦苦闘しているそうですが、「まわりの人がみんな良くしてくれる」のでなんとかやっていけるそうです。た~だ、やっぱり常会に入ったことによる行事の多さや、いろんな「役」がまわってくることにはプレッシャーを感じるとも話していました。分かるわ~。でもそれきっと常会に入ったからみなさんに良くしてもらえるってこともあるんすよ、悩ましいところですね、私も転入組なのでよくわかります。

これからも「高森町にだって地域おこし協力隊は根付くんだ!」というモデルとして是非活躍してほしいです。何かあったら瀧本住職に相談できるし、安心ですね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 19人目は人形師 『高森人図鑑』に19人目として記されるのは竹田人形の竹田扇壽(せんじゅ)さ…
  2. 11月3日、山の寺キャンプ場で2回目となる『ヤマンテラdeあそぼうさい』が開催されました。 …
  3. 今年は雪が多い・・・らしいよ 今期の長期予報では雪が多いと予想されているので、ウインタースポ…
  4. ギネス認定おめでとうございます! …
  5. こんにちは。北城農園です。10月2日より「シナノスイート」の収穫が始まりました。 完…
  6. 10月2日に、秋晴れの下で大盛況だったキッチンカーフェスティバル。軽トラ市も入れて20台が結集。 …
  7. 飯田市鼎で写真館を営む堀本さんがぶち上げた「平和の種プロジェクト」、行政も巻き込んで広がりを見せて…
  8. 5月31日、松本山雅F.C.のホームページで、高森町がホームタウンとしてJリーグ理事会の承認を得ら…

高森町の行事予定表

ピックアップ記事

  1. 大島山の南信州グランピングTENKUが好調です。 9月の売上がグランピングとしては全…
  2. 自販機に対しての予想を超えてくることで有名な北部タクシーの『三元豚かつバーガー』が、案の定の想定越…
  3. フルーツライン沿い、上市田のセブンより少し飯田寄りのパン屋さん。 回覧板にも広告入っ…
  4. 出原のアグリ交流センター2F、「カフェいるもんで」が7年目の営業を開始しました!1月から4…
ページ上部へ戻る