広報5月号【特集】あったてらす4周年でママと町長が対談「もっとこんなふうになれば便利」

高森町の広報「あったかもり」の5月号が発行されました。今月の特集は「あったかてらす」です。
子どもたちが健やかに活き活きと育つ町を目指し、子育て支援に力を入れている高森町。その拠点の一つ「あったかてらす」が今年5月5日に4周年を迎えました。今回はあったかてらすを利用しているママと壬生町長が対談。「もっとこんなふうになれば便利」「こんな仕組みがあったら」など、生の声を聞きました。

「子どもたちがより一層楽しく遊べる環境を」「生後間もない子どもたちを連れて来やすい場所へ」「住みやすい町を目指し積極的な制度の見直しも」「困ったを解決する本当に便利な支援とは」といったテーマでお二人のママさんと町長の対談の様子が掲載されています。

高森町広報ページ↓
https://www.town.nagano-takamori.lg.jp/chosei/3/2232.html

関連記事

ピックアップ記事

  1. 19人目は人形師 『高森人図鑑』に19人目として記されるのは竹田人形の竹田扇壽(せんじゅ)さ…
  2. 11月3日、山の寺キャンプ場で2回目となる『ヤマンテラdeあそぼうさい』が開催されました。 …
  3. 今年は雪が多い・・・らしいよ 今期の長期予報では雪が多いと予想されているので、ウインタースポ…
  4. ギネス認定おめでとうございます! …
  5. こんにちは。北城農園です。10月2日より「シナノスイート」の収穫が始まりました。 完…
  6. 10月2日に、秋晴れの下で大盛況だったキッチンカーフェスティバル。軽トラ市も入れて20台が結集。 …
  7. 飯田市鼎で写真館を営む堀本さんがぶち上げた「平和の種プロジェクト」、行政も巻き込んで広がりを見せて…
  8. 5月31日、松本山雅F.C.のホームページで、高森町がホームタウンとしてJリーグ理事会の承認を得ら…

高森町の行事予定表

ピックアップ記事

  1. 大島山の南信州グランピングTENKUが好調です。 9月の売上がグランピングとしては全…
  2. 自販機に対しての予想を超えてくることで有名な北部タクシーの『三元豚かつバーガー』が、案の定の想定越…
  3. フルーツライン沿い、上市田のセブンより少し飯田寄りのパン屋さん。 回覧板にも広告入っ…
  4. 出原のアグリ交流センター2F、「カフェいるもんで」が7年目の営業を開始しました!1月から4…
ページ上部へ戻る