「山の寺キャンプ場」が再開にむけて絶賛整備中!安全に遊べる施設に生まれ変わります。ゴールデンウィークで遊びに行きたい!

町内でも案外知られていない、「知る人ぞ知る」的な山の寺キャンプ場は現在、整備工事のため閉鎖されています。

まるで手つかずの自然の中で野営をしているような感覚でここ数年人気が出てきた山の寺キャンプ場ですが、利用者の増加に伴って、いくつかの問題が発生するようになりました。予約が必要とは言うけど管理人がいないことによる無断利用者が増加、通路上の切株に車が乗りあげて動けなくなるケースが増加、巨石が不安定になって子供達が遊ぶのに危険な場所が増加、焚火後の放置炭が増加、石を勝手な場所に動かすことによる車の破損など、これまで見過ごしてきたことが無視できなくなってきました。

昔は町内の子供達が自然体験をする場所としても利用されていたキャンプ場ですが、管理人の不在と藪の繁茂、駐車場の不足などで、だんだんと利用頻度が減り、今ではあの場所にキャンプ場があることを知らない小学生の方が多いのではないでしょうか。

昨今のキャンプブームを受けてのタイミングだという点は否めませんが、町内の子供達が安全に自然体験をすることができる場所を後世に残したい、地元での体験を財産に成長してほしいという願いを込めて、今年度からは指定管理制度による運営に変わるようです。

現在は町発注の工事として、山吹の山之口土建さんが作業を行っています。山之口土建の社長さんがもともとキャンプ好きということもあって、雰囲気を壊さず、いかに安全な施設にするか、ノリノリで取り組んでいるそうです。

通路上に点在する石を撤去。乗用車でも通れる道に。

石は捨てるのではなく、地形ほ保全するための土留として利用。捨てるのに比べて手間のかかる作業ですが、実際に施工する山之口土建さんのアイデアです。

つまづく人が多かった切株も根こそぎ撤去。これは大きな重機がないとできない作業。

乗用車が周回できるように経路を変更。でももともとの傾斜を利用した”林間”の雰囲気は損なわれていません。

オープンはゴールデンウィーク頃になるとみられています。どんなキャンプ場に生まれ変わっているのか楽しみです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 7月16,17日に野底山森林公園で行われた『焼來肉ロックフェス2022』の様子を伝えるアフタームー…
  2. 市田ヨーグルトでおなじみ市田酪農からお知らせ。 長野県のキャンペーン 長野県産…
  3. 『高森人図鑑』16人目は、『信州たかもり温泉湯が洞/御大の館』支配人の赤羽さんではないですか。 …
  4. 7月23日(土)にアジア電子グランドでアザリー飯田リーグ2022の第9、10節が行われました。 …
  5. 飯田市鼎で写真館を営む堀本さんがぶち上げた「平和の種プロジェクト」、行政も巻き込んで広がりを見せて…
  6. 5月31日、松本山雅F.C.のホームページで、高森町がホームタウンとしてJリーグ理事会の承認を得ら…

高森町の行事予定表

ピックアップ記事

  1. 出原のアグリ交流センター2F、「カフェいるもんで」が7年目の営業を開始しました!1月から4…
  2. 美味しいですよ黒糖饅頭、私が飯田に来て最初に覚えたのは「ざこまん」の呼び名でおなじみの座光…
  3. 先月、牛牧に新しい美容室がオープンしました。上県道を飯田から来たら、あんしん市場へ降りる道…
  4. 先日、伊那で「はじめましてアシュタンガヨガ」のイベントを開催した吉田のエヌラヨガスタジオが、これま…
ページ上部へ戻る