本島議員のみらいNOTE~飯綱町学校給食シンポジウム

きっかけは、不思議な縁でとある方との出会いからでした。飯綱町での色々な取り組みに実は5年程前から興味があり、我が町でも起用できる物はないだろうか?や、組織運営のあり方、子ども達へのアプローチの参考にさせていただいたりしました。
高森町も中学生がとても素晴らしいチャレンジをしてくれています。これはもっともっと町や私達がシェアして発信し、まず町内の方々に知ってもらう事が必要だなと思います。やらない選択ではない、やる為の方法と経験値を一緒に高めていきましょう。好きな環境で様々な取り組みの講話を聴けます。是非、お時間のある方は一緒にご参加いかがですか?
※お申し込みは個々でお願いします。

【飯綱町学校給食シンポジウムを開催します!】
飯綱町の学校給食はとてもおいしいと評判の給食です。このおいしい給食に、もっと地元産の野菜を使うためには、また使う食材も化学農薬・化学肥料・添加物を使わない環境と体に優しいものにして行くために、これからどんな取組を進めていけばよいのか?…こうしたテーマについて、給食センター・栄養士・調理員・農家・直売所・保護者・行政が一緒に学びながら、自由に話し合うシンポジウムです。多くの方のご参加をお待ちしています。

  • シンポジウム概要等
  • 2022年2月19日(土)13:00〜15:30(予定)
    オンライン開催(Zoom利用)ご都合のいい場所でインターネットに接続してご参加ください。Zoom・YouTubeを利用します。
  • 当日のプログラム
    12:30 Zoomミーティングオープン
    13:00 開会・挨拶
    13:10 話題提供1【千葉県いすみ市農林課 鮫田晋さん】
    14:00 話題提供2【地産地消コーディネーター 杉木悦子さん】
    14:45 フリーディスカッション※給食センター・栄養士・調理員・農家・直売所・保護者・行政が自由に話し合います。
    15:30  閉会・終了
    ※総合司会:地産地消コーディネーター・(株)産直新聞社社長 毛賀澤明宏さん
  • 話題提供1
    演題「学校給食100%地場産有機米利用―その経過と反響」
    《特別ゲスト》 千葉県いすみ市農林課農政係 鮫田晋さん
    ※いすみ市は学校給食で利用するお米をすべて地元産の有機栽培米に切り替えています。鮫田さんはその立役者。これまでの苦労と成果を話していただきます。(参照:https://www.sanchoku-coper.com/344/
  • 話題提供2
    演題:地場産の安全安心な農産物の利用と食育の重要性
    《特別ゲスト》 学校給食地産地消食育コーディネーター 杉木悦子さん
    ※約40年間にわたり学校給食の現場で活躍してきた栄養士のリーダー役。地産地消と食育のつながり重視し、退職後は全国を駆け巡って給食を応援されています。(参照:「産直新聞 杉木悦子」で検索)
  • 参加お申し込み方法
    (今回はオンライン参加可能な方に限らせていただきます)下記よりグーグルフォームでお申し込み下さい。https://forms.gle/jxZUwcCrjYUjkG4J7
    ※お申込み情報が届きましたら、折り返し、受信メールを送ります。開催日が近づきましたら、資料とZoomミーティング招待状・IDパスワードを送りますので、そこからアクセスしてください。
  • 目的・背景等
    飯綱町のおいしい給食を更に特徴あるものとするため、関係者が連携した地産地消の拡大とオーガニック給食の取組を推進し、飯綱町ならではの学校給食の仕組みを構築していくことを目的にシンポジウムを開催します。
    また、オーガニック給食の取組を起点とする「農と食のまちづくり」を進めることで、地域循環型の持続可能な農業生産の推進・振興を図り、未来の農業の姿を考えるきっかけとしたいと考えています。
  • お問い合わせ先
    飯綱町産業観光課 農政係
    TEL:026-253‐4765
    FAX:026-253-6869(平日 8:30~17:15)
    e-mail:nousei@town.iizuna.nagano.jp

関連記事

ピックアップ記事

  1. 活動の幅が広くて一言では・・ 高森人図鑑21人目はザックリ言えば「アーティスト」の甕恵美さん…
  2. NORTH FACEが20%オフ ちょっと早すぎるんじゃないかと心配になりますが、カムイでN…
  3. 長野県南信州伊那谷廃校プロジェクト クリエイティブキャンプ2023 参加者募集!長野県南信州の廃校…
  4. ここ1年くらいの「山の寺キャンプ場」に関する動画を集めてみました。キャンプ場によると、県外からリピ…
  5. レギュラーが固まってきたか 2022年、池ちゃの試行錯誤の結果、もうメニューがとっちらかっち…
  6. 新春スペシャル対談企画 令和5年一発目を記念する新春特別企画は、総務省地域創造力アド…
  7. 去年やったら美味しかったから 今年も1月2,3日に「自然の中で持ちついて食べようよ。」という…
  8. ギネス認定おめでとうございます! …
  9. 飯田市鼎で写真館を営む堀本さんがぶち上げた「平和の種プロジェクト」、行政も巻き込んで広がりを見せて…
  10. 5月31日、松本山雅F.C.のホームページで、高森町がホームタウンとしてJリーグ理事会の承認を得ら…

高森町の行事予定表

ピックアップ記事

  1. 大島山の南信州グランピングTENKUが好調です。 9月の売上がグランピングとしては全…
  2. 自販機に対しての予想を超えてくることで有名な北部タクシーの『三元豚かつバーガー』が、案の定の想定越…
  3. フルーツライン沿い、上市田のセブンより少し飯田寄りのパン屋さん。 回覧板にも広告入っ…
  4. 出原のアグリ交流センター2F、「カフェいるもんで」が7年目の営業を開始しました!1月から4…
ページ上部へ戻る