【住職のつぶやき】郷土の伝説と民話『むかしばなし』

祖父の慈選は42年前に本を出版している。郷土の伝説と民話を集めたものである。この本は町の有線放送の番組でも長きにわたり流されたり、民話研究にも使われてきた。先日はデジタル書籍にしたいのでと著作権許諾申請もきた。いまだに現役である。
この本が作られたときには某住職はまだ大学生。児童文学作家の椋鳩十氏とご縁のある東京の出版社で作成したために、某住職が連絡係を務めた。何度か行き来したことがなつかしい。さすがに当時の出版で、作りがなんとも地味である。装丁や挿し絵がどうも冴えない。しかし文章の語り口は秀逸である。図書館員の奥様が先日も、この本の語り口を、昔ばなし本としては特筆すべき出来と評価し、その重要性を説いていたばかりである。その事を児童文学作家の椋鳩十氏も当時まえがきですでに述べていた。
さて、我が家にも在庫はすでに三冊しかない。どうする?再版してあげたいなあ…

情報提供:瀧本住職さん

関連記事

ピックアップ記事

  1. 7月16,17日に野底山森林公園で行われた『焼來肉ロックフェス2022』の様子を伝えるアフタームー…
  2. 市田ヨーグルトでおなじみ市田酪農からお知らせ。 長野県のキャンペーン 長野県産…
  3. 『高森人図鑑』16人目は、『信州たかもり温泉湯が洞/御大の館』支配人の赤羽さんではないですか。 …
  4. 7月23日(土)にアジア電子グランドでアザリー飯田リーグ2022の第9、10節が行われました。 …
  5. 飯田市鼎で写真館を営む堀本さんがぶち上げた「平和の種プロジェクト」、行政も巻き込んで広がりを見せて…
  6. 5月31日、松本山雅F.C.のホームページで、高森町がホームタウンとしてJリーグ理事会の承認を得ら…

高森町の行事予定表

ピックアップ記事

  1. 出原のアグリ交流センター2F、「カフェいるもんで」が7年目の営業を開始しました!1月から4…
  2. 美味しいですよ黒糖饅頭、私が飯田に来て最初に覚えたのは「ざこまん」の呼び名でおなじみの座光…
  3. 先月、牛牧に新しい美容室がオープンしました。上県道を飯田から来たら、あんしん市場へ降りる道…
  4. 先日、伊那で「はじめましてアシュタンガヨガ」のイベントを開催した吉田のエヌラヨガスタジオが、これま…
ページ上部へ戻る