丁寧な作業に感謝の声 高森中生地域応援隊

サンふじの収穫

11月18日「高森中生地域応援隊」で高森中の生徒さんが町内のいろいろなところに出向いて、皆さんのお手伝いをしていただきました。

丁寧なしごとぶり

下市田で農業を営まれる三浦喜久夫さんのところにも男子生徒3名がお手伝いに来てくれました。やりなれない作業ばかりだと思いますが、三浦さんは「お願いしたことを丁寧にやってくれて本当に助かります。」と感謝していました。今年はこれまで、5月の摘果、6月の袋掛け、7月の摘果、10月の収穫、と4回行われており、次回1月が今年度の最後のお手伝いとなる予定です。

2時間の成果

この活動は、中学生が地域の良さや課題を学び、町民の一人として今後のまちづくりを考える活動につなげていくことを目的として今年5月に始まった事業です。町内の各区、町民、農家、商工関係事業所、ゆうきなどが連携し、1年生から3年生の生徒でなる3~4人のチーム、総勢440人が地域内に出向きます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 19人目は人形師 『高森人図鑑』に19人目として記されるのは竹田人形の竹田扇壽(せんじゅ)さ…
  2. 11月3日、山の寺キャンプ場で2回目となる『ヤマンテラdeあそぼうさい』が開催されました。 …
  3. 今年は雪が多い・・・らしいよ 今期の長期予報では雪が多いと予想されているので、ウインタースポ…
  4. ギネス認定おめでとうございます! …
  5. こんにちは。北城農園です。10月2日より「シナノスイート」の収穫が始まりました。 完…
  6. 10月2日に、秋晴れの下で大盛況だったキッチンカーフェスティバル。軽トラ市も入れて20台が結集。 …
  7. 飯田市鼎で写真館を営む堀本さんがぶち上げた「平和の種プロジェクト」、行政も巻き込んで広がりを見せて…
  8. 5月31日、松本山雅F.C.のホームページで、高森町がホームタウンとしてJリーグ理事会の承認を得ら…

高森町の行事予定表

ピックアップ記事

  1. 大島山の南信州グランピングTENKUが好調です。 9月の売上がグランピングとしては全…
  2. 自販機に対しての予想を超えてくることで有名な北部タクシーの『三元豚かつバーガー』が、案の定の想定越…
  3. フルーツライン沿い、上市田のセブンより少し飯田寄りのパン屋さん。 回覧板にも広告入っ…
  4. 出原のアグリ交流センター2F、「カフェいるもんで」が7年目の営業を開始しました!1月から4…
ページ上部へ戻る