ブラタカモリ 歩けば町が見えてくる 廃道探訪① TAKART26

廃道とは、外見上使用が放棄された道路及びこれを構成する橋などの遺構を指します。
新しい道路ができれば、古い道は使われなくなり、やがて廃道になります。
風景の一部になってしまい、普段は目も向かない廃道ですが、その跡はかつての地形や姿をとどめています。

【町道中央線】
1 胡麻目川の旧道
昭和60年6月の町道中央線胡麻目川大橋完成に伴い廃道したかつてのルートです。

2 旧中央線の築堤
旧市田村と山吹村を結ぶ町道中央線は、高森町の誕生から3年半後の昭和35年(1960)12月に開通しました。山を削り、築堤や掘割工事を行い、それまでの曲がりくねった道をまっすぐに通す作業は、当時としては一大プロジェクトでした。

ナビゲーター:松島高根さん
次回:中央自動車道

★TAKART 2021 JUL Vol.26「ブラタカモリ」より
一気読みしたい方は冊子を入手してください。町内のあちらこちらに置いてあります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 『みつばさ』がスタッフ募集中 下伊那北部エリアの訪問看護をカバーする拠点「訪問看護ステーショ…
  2. 3月6日から営業を開始しています 冬の間、寂しい思いをしていた皆様、お待たせいたしました。ア…
  3. 伝統云々じゃなくて楽しい コロナの影響で、なんだかんだ3年間をフイにした牛牧区の春季祭典、4…
  4. 22人目は『なごみ空間』の長沼さん 高森人図鑑22人目は、下市田国道沿いで『なごみ空間』を経…
  5. ここ1年くらいの「山の寺キャンプ場」に関する動画を集めてみました。キャンプ場によると、県外からリピ…
  6. 新春スペシャル対談企画 令和5年一発目を記念する新春特別企画は、総務省地域創造力アド…
  7. ギネス認定おめでとうございます! …
  8. 5月31日、松本山雅F.C.のホームページで、高森町がホームタウンとしてJリーグ理事会の承認を得ら…

高森町の行事予定表

ピックアップ記事

  1. 3月6日から営業を開始しています 冬の間、寂しい思いをしていた皆様、お待たせいたしました。ア…
  2. 大島山の南信州グランピングTENKUが好調です。 9月の売上がグランピングとしては全…
  3. 自販機に対しての予想を超えてくることで有名な北部タクシーの『三元豚かつバーガー』が、案の定の想定越…
  4. フルーツライン沿い、上市田のセブンより少し飯田寄りのパン屋さん。 回覧板にも広告入っ…
ページ上部へ戻る