山査子が収穫開始 TAKART+Botanic薬草LAB.が連携して作業

アグリ交流センターに隣接する山査子畑が収穫時期を迎えました。週末を利用してBotanic薬草LAB.とTAKART(タカート)のメンバーが協力して作業に当たっています。昨年は虫食いが多かったので、今年は一つ一つの実にしっかり日光が当たるように剪定を行ってきました。剪定担当のTAKARTの樋口さんによると出来は上々!とのことです。

耕作放棄されていた畑をみつけたBotanic薬草LAB.とTAKARTが2018年に山査子プロジェクトを立ち上げ3年がかりで手入れをしてきました。計画的で大胆な剪定でようやく去年から商品価値のある山査子を生産することができるようになりました。

畑を復活させたBotanic薬草LAB.とTAKARTのメンバー
今年の実は虫くいが少なくて大きい!

Botanic薬草LAB. → https://bt89.net/

TAKART → https://takartakart.jimdofree.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 19人目は人形師 『高森人図鑑』に19人目として記されるのは竹田人形の竹田扇壽(せんじゅ)さ…
  2. 11月3日、山の寺キャンプ場で2回目となる『ヤマンテラdeあそぼうさい』が開催されました。 …
  3. 今年は雪が多い・・・らしいよ 今期の長期予報では雪が多いと予想されているので、ウインタースポ…
  4. ギネス認定おめでとうございます! …
  5. こんにちは。北城農園です。10月2日より「シナノスイート」の収穫が始まりました。 完…
  6. 10月2日に、秋晴れの下で大盛況だったキッチンカーフェスティバル。軽トラ市も入れて20台が結集。 …
  7. 飯田市鼎で写真館を営む堀本さんがぶち上げた「平和の種プロジェクト」、行政も巻き込んで広がりを見せて…
  8. 5月31日、松本山雅F.C.のホームページで、高森町がホームタウンとしてJリーグ理事会の承認を得ら…

高森町の行事予定表

ピックアップ記事

  1. 大島山の南信州グランピングTENKUが好調です。 9月の売上がグランピングとしては全…
  2. 自販機に対しての予想を超えてくることで有名な北部タクシーの『三元豚かつバーガー』が、案の定の想定越…
  3. フルーツライン沿い、上市田のセブンより少し飯田寄りのパン屋さん。 回覧板にも広告入っ…
  4. 出原のアグリ交流センター2F、「カフェいるもんで」が7年目の営業を開始しました!1月から4…
ページ上部へ戻る