実は地元が最強って知ってた? キャンプ用品は飯田下伊那が充実

キャンプ用品を求めて諏訪とか安曇野とか長野とか、遠くの大型店まで足を延ばしてみた結果、あまり面白くないんです。なぜかって普段買い物している飯田下伊那地区のお店が取り扱う商品が充実していて、遠くの大型店の品ぞろえに魅力を感じないんです。

高森のアウトドア用品と言えばカムイ高森店、実際に使いたい道具のチョイスが憎いっすよ。メガドンキ高森店はこの秋からアウトドア用品売り場が拡大、品数が多くて見ているだけで楽しいです。松川町のホームセンタースマイルも侮れなくて、コールマンの品ぞろえなら飯伊一番じゃないですかね。飯田市の焚き火野営ショップMOCMOCは大型店では取り扱わないようなもしかないと言っていいくらいの品ぞろえ。

ポチるのもいいですけど、その場で手に取って確かめて買って持ち帰ってその日のうちに使える手軽さは実店舗ならではですよ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 19人目は人形師 『高森人図鑑』に19人目として記されるのは竹田人形の竹田扇壽(せんじゅ)さ…
  2. 11月3日、山の寺キャンプ場で2回目となる『ヤマンテラdeあそぼうさい』が開催されました。 …
  3. 今年は雪が多い・・・らしいよ 今期の長期予報では雪が多いと予想されているので、ウインタースポ…
  4. ギネス認定おめでとうございます! …
  5. こんにちは。北城農園です。10月2日より「シナノスイート」の収穫が始まりました。 完…
  6. 10月2日に、秋晴れの下で大盛況だったキッチンカーフェスティバル。軽トラ市も入れて20台が結集。 …
  7. 飯田市鼎で写真館を営む堀本さんがぶち上げた「平和の種プロジェクト」、行政も巻き込んで広がりを見せて…
  8. 5月31日、松本山雅F.C.のホームページで、高森町がホームタウンとしてJリーグ理事会の承認を得ら…

高森町の行事予定表

ピックアップ記事

  1. 大島山の南信州グランピングTENKUが好調です。 9月の売上がグランピングとしては全…
  2. 自販機に対しての予想を超えてくることで有名な北部タクシーの『三元豚かつバーガー』が、案の定の想定越…
  3. フルーツライン沿い、上市田のセブンより少し飯田寄りのパン屋さん。 回覧板にも広告入っ…
  4. 出原のアグリ交流センター2F、「カフェいるもんで」が7年目の営業を開始しました!1月から4…
ページ上部へ戻る